amazonでなにが買えますか?

ネットショッピング中毒の女が、特によく利用しているamazonで「えっ、こんなかわいいものも買えるの?」と思ったものを紹介していきます

花粉、どうしてますか?

花粉症、ではなかったはずのわたしですが、
今年、さすがにくしゃみが止まらない、目がかゆいなどの症状が出て、
さすがに花粉が来ているのでは……? という疑問がわいてきました。

症状としては軽いので、
最近流行っている「ワセリンを鼻の内外・目の周りに塗る」というのをやってみようかと思っていたところ、
「これがいいよー」というおすすめを聞きました。

資生堂から出ている、やはり鼻・目のまわりに塗るものです。
サラサラしていて、べとつかず、ファンデの上からでも使えるというのが良いところです。


別の友達は、顔や髪にシュッと吹き付けるスプレーを使ってる、と言ってました。


これですが、わたしはメイクさんが使っているのを見たこともあるので、
わりと、メイクが崩れにくいのでは? と思います。
自分でも使ってみましたが、最初は「えっ、けっこう水っぽい!?」と思うものの、
すぐにサラサラになり、いい感じです。

「ちょっと花粉、来たかも……」とお感じの方は、
少しの工夫でラクになれるなら、試してみてくださいね。

repettoの赤い靴

だいぶ前にご紹介したと思うのですが、repettoのフラットシューズ、


買いました。
エナメル素材が硬いのでは? とか、靴幅が合わないのでは? とかさんざん心配していたのですが、1サイズ上のものを注文したら、ぴったりでした。
ほんの少しヒールがあるのもいいし、エナメルも柔らかくて、履いてます感が出てくるのも良い味わいです。

なんだかパッとしない服のアクセントにも、
たくさん歩く日の安心靴としても、
これからの季節、楽しく履いていきたいと思ってます。

広告を非表示にする

ボディオイル

「ボディケア、全然してない」という人もいますが、
(そしてそのことを責める気はゼロですが)
わたしは身体が乾燥しやすく、特にこの季節は何かつけていないと、乾燥しすぎてかゆくなってしまいます。

ボディクリームもいいのですが、
たまには気分を変えたくて、最近はオイルを使っています。
香りが気に入っているのが、THANNのボディオイルです。


これは柑橘系のさわやかな香り。
THANNの中ではくせのない、使いやすい香りです。
注目してほしいのは、このボトルの下の方にベルトのようなものがついているところ。
これ、ラバー素材になっているんです。
つまり、塗っている最中に手がぬるぬるになってしまっても、ちゃんと滑らず掴めるんです!(そこか)
細かい配慮ですが、個人的にはすごくありがたいです。

こちらはスプレータイプのもので、香りはローズとジャスミンがベースです。
これも香りがとても好きで、スプレータイプなのも使いやすいです。

ボディオイルは、おすすめしたい理由がもうひとつあります。
30代後半になってくると、腕を出す服を着ても、腕や肩の輝きがいまいちなときってありませんか?
そういうときに、オイルをさっとつけておくと、ツヤツヤのお肌に見えるし、
こういうアロマ系のオイルだと、香水をつけていなくてもほんのり肌から香りが漂うのも気分がいいです。
シャワーのあとなど、まだ湿り気を帯びている肌につけると、いい感じになじみます。

もちろん、春夏に脚につけてツヤめかせるのもいいですよね。
お気に入りの香りのオイル、ぜひ探してみてください。

広告を非表示にする

旅のバッグ

そんなに頻繁に旅をしているわけではありませんが、
フットワークを軽くしたいなとは、つねづね思っております。

旅が面倒だなと思うのは、荷造りのとき。
なにを持っていくか、いかないか、
用意したバッグに入るか、入らないか、
そして全部詰め込んでみたら、すごくパンパンだったり、重かったり……。
ちょっと憂鬱になります。

良い旅のおともがあれば、と探していたら、
感じのいいボストンバッグが見つかりました。



スーツケースも、メタリックなのが苦手なので、
ちょうどいいのがないか探していたのですが、
同じブランドのものがいい感じです。



これは別のブランドですが、これもかわいいですね。



追記:ここで紹介している、赤いaceのスーツケースを購入しました。
軽くて、ジッパー部分も持ち手もほとんど全部赤で、かわいくて気に入ってます。
スーツケースを買い換えたの、15年ぶりぐらいなのですが、さすがにその間にいろんなことが進化していると感じる取り回しの良さで、もっと早く買い換えれば良かったと思いました。
サイズ違いもあるので、大きいサイズが欲しくなったときも、同じシリーズで揃えられそうなのがいいです。

広告を非表示にする

映画「キャロル」を観て、欲しくなったもの

映画「キャロル」、みなさんご覧になりましたでしょうか。
50年代を舞台にしたケイト・ブランシェットルーニー・マーラの恋愛映画、なのですが、
ケイト演じるキャロルは、人妻で子供がおり、離婚をしようとしている上流階級の女性。夫はキャロルを愛しており、家柄も含め体面を気にする人。キャロルはそこから自由になりたい女性で、深い絶望感を持っている。
そこに、何者かになりたいけれど、まだ人としての芯も定まってなく、何ひとつ自分の手で選び取ることのできないような若い女性、テレーズ(ルーニー・マーラ)が現れる。

というところから始まる映画で、「ああ、恋愛ってこういうものだった」という、深い余韻を残す作品なのですが、そこに出てくる50年代のファッションも見事で、とても美しいのです。
(余談ですが、字幕のフォントも、昔ふうのフォントを使用してあって感動しました。音楽もとてもよかった!)

まず気になったのは、キャロルとテレーズが、旅先へ持っていく薄手のローブ。
近い柄のものが見つからなかったのですが……。


分厚くないローブは、なかなか見つけにくいので、

これはいいかなと思いました。

そして、気になったのはキャロルのアクセサリー使い。
アンティークのコスチュームジュエリーかな? と思いましたが、
パールとゴールドが印象的でした。


現代でも使いやすそうなパールのネックレスです。
ミリアム・ハスケル、ではありませんが、ミリアム・ハスケルのパーツを使用しているものだそうです。



こちらの三点はミリアム・ハスケルです。お値段がちょっと上がってしまうのですが、圧倒的にゴージャスでロマンチック。
これさえあれば着ている服もワンランク上に見えそうです。
ただ、キャロルのイメージよりは、少し甘すぎるかな? という気がしなくもありません。

最後のシーンで着けていた印象的なリーフのブローチなど、トリファリやコロあたりのブランドかな? と思ったりもするのですが、
こういったものは、それほど高くないお値段でアンティーク市場に出ていたりするので、
気になる方は探してみてくださいね。

特に、キャロルが重ねて着けていたような、ボリュームのあるブレスレットは、
amazonでは近いものがほとんど見つからないのですが、
アンティークのコスチュームジュエリーでは、たくさん見つかります。

コーラルオレンジのネイルや、くっきり赤いリップなど、
メイクも気になりますが、
そちらは、できれば美容にお詳しいライターのおさ旦那さん(https://twitter.com/osadanna)にまとめてほしい……! と期待を込めてリクエストしておきます。

ちょっとかわいいスニーカー

スニーカーを選ぶのが、苦手です。
スニーカーの流行や、カジュアルなおしゃれに無知なせいもあって、
単品で「かわいい!」と思うものはあっても、
なんだか体型とのバランスや、持っている服とのバランスが取りづらいなと感じることが多く、かなりの苦手項目になってしまいました。

しかし、歩きやすい靴といえば、やはりスニーカーなわけで、
ちょっと探してみました。



こちらは、アウトドアブランドMERRELの靴。
かなりがっしりしていますが、フォークロア調に見えて、かわいらしいかなと。
雪が降った場合も大丈夫そう。



これは、ジャックパーセルコンバースのコラボスニーカー。
色がかわいいなーと思いつつ、しばらくウォッチしていた商品です。
スニーカーって、正直あまり興味のない人間には、どれも似たように見えてしまうものですが、
(たぶん、洋服やバッグも、興味のない人から見たら似たような感じに見えるのでしょうね……)
これを見たときは、わたしのようなスニーカー音痴にも「かわいい!」とわかるのですから、たいしたものだと思いました。

加湿機能つきセラミックヒーター

わたしは寒さが苦手です。この時期はいつもブルーになります。
着るものもあたたかさ優先で選んでしまって、もこもこ着膨れ、色も合わせられず自分がすごくださくなった気がするし、
とにかく家でも外でも、動くのが嫌になってしまうんですよね。

でも、それを毎年なんとかしたい! と思ってるのも事実なんです。
それで、今年はこれを買ってみました。



スチームつきのセラミックヒーターです。
座り仕事だと、足元から温風が来るのがいいし、
電気ストーブのように、足がこげそうにならないのもいいです。

スチームは正直、申し訳程度なので、きちんと加湿したい人は別の商品を検討されたほうがいいかもしれません。
音も、わたしは気になりませんが、もっと静かなのがいい人は要検討かも。

家がある程度狭くて、エアコンにもうひとつ何か暖房器具を足したい、という方にはおすすめしたいです。
あったまるのが早いし、コンパクトだし、お値段もお手ごろです。